ハンターを使ってみよう!

f:id:tempe443:20190113180733j:plain

今回はハンター入門向けガイドです

ヴドゥ祭のバランス調整後からハンターが大活躍してます。そこで今回流行っているハンターデッキを紹介してそのデッキに採用されているエピック&レジェンドカードの代案が出来るかどうかを紹介します。低資産でも勝つデッキを作る事が前提ですので必要なエピック&レジェンドカードは採用します。

死線の追跡者レクサーについて

f:id:tempe443:20190113213230p:plain

ハンターデッキを本格的に使うなら最初に作るべきレジェンドです。理由は単純で強すぎるからです。雄叫びだけで4マナ分(聖別)分の仕事をするため残りの2マナで毎ターン大型ミニオンを作れるのはインチキの一言です。コントロールデッキ相手にはこのカード1枚で勝つ事もあります。注意したいのがこのカードは2019年4月でスタン落ち(スタンダードモードで使えなくなる)しますので他のヒーローでも遊びたい場合は死線の追跡者レクサーを作成するか一度考えましょう。

 

 

 

ハイブリットハンター

f:id:tempe443:20190113181202p:plain

デッキコード

AAECAR8MjQHHA4cEyQS7Ba4GncwC39IChtMCyfgCp4IDm4UDCagCtQOBCo7DAt3SAuPSAovlAqCFA6SIAwA=

エレラルドの呪文石で大量の3/3オオカミを召喚&ご主人様の呼び出しによる3マナ3ドロー両方出来る欲張りデッキ。現在ラダーでも大会でも大活躍しているデッキです。アグロデッキ相手には秘策+エレラルドの呪文石有利に戦え、コントロールデッキ相手は実験台9号の大量ドローやツンドラサイによる突然のフィニッシュで有利に戦えます。不利マッチを探す方が大変と言っても間違いではないでしょう。

ヘビの罠:代案可能

f:id:tempe443:20190113182321p:plain

このデッキの秘策はエメラルドの呪文石のアップグレード、実験台9号のドローがメインとなるため正直秘策は何でもいいです。ただ現在のスタンダードで使用できる秘策はそんなに多くないためので採用されている感じです。同じ秘策を2枚採用してもいいですが実験台9号でドローできる枚数が少なくなるかもしれないので注意。

ご主人様の呼び出し:必須

f:id:tempe443:20190113182722p:plain

このデッキのミニオンを獣だけに絞ってるのはこのカードのため。ご主人様の呼び出しを作れないなら素直に獣意外のミニオン(猟犬使いなど)を採用したデッキを使おう

実験台9号:必須

f:id:tempe443:20190113183019p:plain

異なった秘策を採用しているのはこのカードのため。実験台9号を採用しない場合

・ミッドレンジハンターや呪文ハンターを使う

・同じ秘策を採用した構築にする

と言った工夫が必要です。

ズルジン:代案可能

f:id:tempe443:20190113183625p:plain

非常に強力なズルジンですがハイブリットハンターだと以下のデメリットがあります。

・エメラルドの呪文石を発動していないとミニオンを展開できない。つまり弱い

・死線の追跡者レクサーを事前に使用してるとヒーローパワーが弱体化する

死線の追跡者レクサーを引けてないと終盤息切れしやすいためズルジンは保険という立ち位置となります。本格的にハイブリットハンターを使つ場合には即作るべきですが魔素が足りない時は無くても大丈夫です。

キャンドルショット:代案候補

f:id:tempe443:20190113184402p:plain

1/1ミニオンを召喚するパラディンやスプリングポーを処理できるハンターに強力。だが攻撃力1を与えるカードはスプリングポーと被っているためキャンドルショットを採用していないプレイヤーの方が多い。ハイブリットハンターは武器を採用するメリットもないため被ると弱い。そのため採用しても1枚だけにしておこう。

必殺の一矢:代案候補

f:id:tempe443:20190113184930j:plain

ズルジン持っているなら必殺の一矢もありだろう。呪文ハンターでは確実に2枚採用されていますがハイブリットハンターは秘策とミニオンを採用しなくてはならないため枠がないのが現実。ランダムではあるが挑発ミニオンを1発で処理できるのは強力。

強力な獣ミニオン達:代案候補

f:id:tempe443:20190113185241p:plainf:id:tempe443:20190113185317j:plain

ズルジンを持っていない場合中盤以降息切れする可能性があるでしょう。そんな時はツンドラサイかサバンナ・ハイメインがおススメです。通常のハイブリットハンターはツンドラサイが1枚しか採用していないため一度ツンドラサイを使用してしまうと終盤ダメージ不足に陥る場合があります。ツンドラサイを2枚採用すると1枚目が気楽に出せるのでおススメです。

サバンナ・ハイメインは単純にミニオンとして強力。ツンドラサイを2枚にすると被った時に弱い場合があります(=ツンドラサイ単体ではミニオンを処理するパワーがない)。ツンドラサイを召喚して生き残ればサバンナ・ハイメインがいきなり攻撃できるコンボも強力。

低資産版はこちら↓

f:id:tempe443:20190113190201p:plain

 デッキコード

AAECAR8KjQGHBMkErgbtCZ3MAt/SAobTAsn4AqeCAwqoArUDuwWBCo7DAt3SAuPSAovlAqCFA6SIAwA=

 

 

 

 

ミッドレンジハンター

f:id:tempe443:20190113190317p:plain

デッキコード

AAECAR8EuwXbCYbTAsn4Ag2NAagCtQPeBJcI7QmBCo7DAt3SAuHjAovlAqCFA6SIAwA=

ハイブリットハンターから秘策要素を抜いて獣ミニオンを大量に採用したデッキ。秘策(エメラルドの呪文石)がないため一度相手に制圧されると全体除去やカード1枚によるミニオン大量展開が出来ないためアグロデッキには不利がつく。何よりレジェンド&エピックカードが非常に少ないので比較的魔素が少なく作れるのがポイント

 

 

 

 

呪文ハンター

f:id:tempe443:20190113190352p:plain

デッキコード

AAECAR8EhwTp0gKG0wKbhQMNjQGoArUDyQSXCMUI3dIC39IC49IC4eMC6uMCh/sCoooDAA==

デッキ内を呪文だけにしてこっちへ来い!やローグデラーといった強力カードを使えるデッキ。豊富な秘策やエメラルドの呪文石によりアグロデッキ相手には非常に強力だが自分からミニオンを召喚するカードが少ないためコントロールデッキやOTK(ワンターンキル)デッキ相手には不利が付きやすいです。

こっちへ来い!:必須

f:id:tempe443:20190113191931p:plain

デッキを呪文だけにしている理由はこっちへ来い!を使いからと言っても過言ではありません。単体で強いのは勿論終盤にズルジンで再度呪文を唱える所も強力。このカードを持ってないなら素直に別のデッキを使おう

ローグデラー:ほぼ必須

f:id:tempe443:20190113191939p:plain

本格的に呪文ハンターを使うなら間違いなく必須カードだが序盤カードを使えないと腐る可能性がある。死線の追跡者レクサーを事前に使用してるとバ獣(DKのヒロパ)にマナを消費するため呪文を使う暇がありません。7マナで最大10枚ドローが弱いわけないので魔素に余裕があったら即作りましょう。ただローグデラーも今年の4月でスタン落ちするので注意しましょう。

ズルジン:必須

f:id:tempe443:20190113183625p:plain

ハイブリットハンターと違い多くの呪文が採用されているこのデッキのズルジンは非常に強力なため必須です。ハイブリットハンターはエメラルドの呪文石を発動してないとズルジンは弱いですが呪文ハンターにはこっちへ来い!があります。この2種類(計4枚)の内2枚を発動するだけで10マナ分の仕事をしてくれます。 他にも細かい所だと必殺の一矢を発動した枚数だけ相手のミニオンを無条件で破壊出来ます(事前に弱いミニオンを戦闘で破壊しておけば厄介なミニオンを破壊しやすくなる)

 

 

 

筆者Twitter:テンペスト (@tempe443) | Twitter

平日毎日夕方に配信してます。よろしければご覧ください。

配信URL:https://www.twitch.tv/tempe443

シャイニー☆