これまでの悪党同盟環境を振り返る

f:id:tempe443:20190413123401j:plain

今回は爆誕!悪党同盟が発売されてから本日まで流行ったデッキを振り返ります

 

 

マーロックシャーマン

登場時期:発売直後頃

f:id:tempe443:20190413130611p:plainf:id:tempe443:20190413130629p:plain

厄介だねぇ・・・。儂の名前はハガサ。下水すすりのゲス、毒々フィン、アングラ・アングラー、マーロックの魂、スカーギルといった新マーロックカードを駆使して戦うマーロックシャーマンが発売直後大活躍したよ。公式のサンプルデッキ(ワンダフル・ウィズバン)に存在するぐらいメジャーなデッキで発売前評価から随分話題にあがってたからねぇ。

【手札補給ができるアグロ】

f:id:tempe443:20190413133335p:plainf:id:tempe443:20190413133353p:plain

初動はマーロックのタイドコーラー、アングラ・アングラーに頼りがちなため毎回安定した動きが出来るとはお世辞には言えないよ!しかしアングラ・アングラーのおかげでデッキ外からマーロックを加える事が出来るため幽霊ナイト・アングラーやスカーギルと組み合わせる事によりある程度長期戦でも戦えるデッキとなっているんだ。魅力は新カードだけではない。マーロック・テイスティーフィンは上記のコンボを手札に加える事が出来たり、儂(魔女ハガサ)はコントロールデッキ相手でも十分に戦える最強カードなんだ。

【オーバーロード】

f:id:tempe443:20190413133944p:plain

天下一ヴドゥ祭で登場したベロベーロは条件あるけど2マナ3/3に化ける強力な武器なんだ。今回登場した下水すすりのゲスのおかげでベロベーロの攻撃力上昇に役立てる事が出来るんだ。それに加えアグロ系シャーマンのお供であるライトニング・ストームや溶岩爆発を採用する事によってマーロックが自分の場に存在していなくてもトドメを刺す事が出来るためテンポメイジみたいな動きも可能となっているよ。

【トドメを邪魔させないよ!】

f:id:tempe443:20190413134119p:plain

マーロックデッキの課題だった全体除去対策はマーロックの魂で大丈夫さ。2枚以上全体除去がないと呪文だけでは全滅できないからね。生き残った1/1ミニオンでマーロックの戦隊長や血の渇きでトドメを刺してやるんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テンポローグ

登場時期:発売4時間後頃

f:id:tempe443:20190413135339p:plainf:id:tempe443:20190413135349p:plain

お宝頂くナリ!トグワグル王ナリ!天下一ヴドゥ祭でも活躍したテンポローグに悪の手先を追加して更に強化したナリ。発売して約4時間程で登場して本日まで大活躍ナリ。発売前評価では最下層の故買屋、血の復習と言った他クラスが手札にある事によって効果を発揮するカードが評価されてたが、蓋を開けてみると悪の手先を採用した比較的ノーマルなテンポローグが流行ったナリ

【悪の手先トル】

f:id:tempe443:20190413140825p:plain

悪党同盟の悪漢は死角からの一刺し、段取り、影隠れと言った低コスト呪文は勿論、新カードであるワグル・ピックとも相性がいい事が判明したため大活躍中ナリ。手札に加えた悪の手先も1マナであるためコンボカードと相性がいいのもグッドナリ。これによりエドウィン・ヴァンクリーフの効果がさらに使いやすくなりインチキゲームする確率が上がったナリ

【ワグル・ピック】

f:id:tempe443:20190413142224j:plain

4マナ4/2の武器はトゥルーシルバー・チャンピオンで強い事が証明されてるナリ。断末魔効果は上記で紹介した悪党同盟の悪漢の他にヘンチ・クランの強盗と相性が良く手札が尽きる事が無くなったナリ。ポイントは効果だけではなく天下一ヴドゥ祭で登場したぶんどり部隊と相性がいいのもいいナリ。

【トドメ、オレ、サス】

f:id:tempe443:20190413142140j:plain

悪党同盟の悪漢が評価された事により俺(強盗王トグワグル)もトドメとして使われるようになったナリ。選択はザログの王冠(3マナ2体レジェンド召喚)1択で段取りと組み合わせる事で6マナ時で強力なミニオンを3体(俺様+レジェ2体)を召喚する事が出来るナリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロールウォーリア

登場時期:発売16時間後頃

f:id:tempe443:20190413143203p:plain

やぁ諸君。私は天才ドクターブーム。マーロックシャーマンやテンポローグと言ったアグロデッキが流行った事により相手の攻撃を徹底的に防ぐコントロールウォーリアが登場したんだ。新カードこそは少ないが博士のメカメカ大作戦で登場したオメガ・アセンブリ、スーパーコライダー、ダイノ・マティック、狂気の天才ドクター・ブームといった発明品が強力だからな。 

【コンボ封じ】

f:id:tempe443:20190413143928p:plain

コントロールデッキの弱点と言えば1ターンでトドメを刺すコンボデッキ。そんなコンボパーツを引きずりだすのがヤジロボさ!現状マリゴス等を使用したコンボデッキはあまり存在しないがミラーマッチで文書管理官エリシアーナを引きずりだせばそれだけで勝ててしまうんだ。2021年(予定)までスタンダード使える事を考えるといつか悪さしそうだな

【新しい確定除去】

f:id:tempe443:20190413144604p:plain

10マナ時と厳しい条件だが効果が発動すればスタンダード落ちしたばかりのヴァイルスパイン・スレイヤー並みの効果を持っているため非常に強力だ。デッキに採用していなくてもオメガ・アセンブリや俺様(狂気の天才ドクターブーム)で発見すれば都合のいいタイミングでミニオンを確定破壊する事ができるんだ

【新しい無限級リソース】

f:id:tempe443:20190413144902p:plain

デスナイトやクエストが消えた代わりに新しい無限級リソース(=無限の攻め手)を確保できるのが文書管理官エリシアーナだ。コントロールデッキマッチではこのカードの有無だけで勝負が決まってしまうんだ。大会でコントロールウォーリアミラーが発生すると1時間かかってしまう事がよくあるからユーザーからはバランス調整されるんじゃないか?と心配されてるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆弾ウォーリア

登場時期:発売16時間後頃

f:id:tempe443:20190413145851p:plain

コントロールウォーリアと同じ時期に爆弾ウォーリアも流行したぞ。上記で説明したメカカードや乱闘や出陣の道と言った全体除去で相手の攻撃をシャットダウンしつつ爆弾を大量に埋める事により攻撃する事なく相手を仕留める事も可能だ!

【爆弾埋めるカード達】

f:id:tempe443:20190413150431p:plainf:id:tempe443:20190413150450p:plain

爆弾ウォーリアの軸となる2枚のカード達。普通に使うと4枚しか爆弾を埋める事が出来ないが改造エレクやグリーンスキン船長と組み合わせる事により5枚以上埋める事が可能だ。画像にはないがメカメカ大作戦で登場した爆弾を埋めるシーフォーリウム・ボンバー(5/5/5)を採用してるデッキもあるぞ

【俺様降臨!】

f:id:tempe443:20190413150957p:plain

爆弾を埋めても引かなくては意味ない?そんな問題を解決してくれるのが俺様2世(爆発王ブーム)だ!時計仕掛けのゴブリン→レンチカリバー→爆発王ブームの動きを決めれば最速でブームロボを6体召喚できるため7/7を召喚しつつ敵キャラクターに平均15ダメージを与えられるため7ターン目で勝負が決まってしまう事がよくあるんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トークンドルイド

登場時期:発売1日後頃

f:id:tempe443:20190413151644p:plain

ウォーリアは森の魂で全体除去の耐える事ができ、ローグは全体除去を持たない関係から処理できない事から対策デッキとしてトークンドルイドが登場しました。

【新パワーアップ】

f:id:tempe443:20190413152100p:plain

枝分かれの道や蓮華紋といった全体パワーアップカードがスタンダード落ちした代わりに登場したのが古代樹の祝福。野生の力と比べるとマナ効率が悪いが双呪文で使い分けられる事から発売前評価より好評だ。というよりほかに全体パワーアップカードがないんだよなぁ・・・

【新手札補給】

f:id:tempe443:20190413152427p:plainf:id:tempe443:20190413152437p:plain

究極の侵蝕がスタンダード落ちした今、マナ加速する意味が薄くなったので滋養がデッキから抜けました。と、なると他に手札補給カードをしなければなりません。殻斗果流格闘家は召喚ではなく手札追加なので全体パワーアップしたい時にリスを出せるので状況を選ばない断末魔効果となっております。クリスタルソングのポータルはミニオンが少ないトークンドルイドなら3枚加えやすくなります。3マナ3ドローのご主人様の呼び出しが強かった事を考えると2マナ3枚発見が弱いわけではありません。普通の発見とは違い”ドルイドのミニオン”と指定されているためハズレミニオンを入手する確率がグンと減りました。

【新トークンカード】

f:id:tempe443:20190413153109p:plainf:id:tempe443:20190413153118p:plain

動き回るマナや拡がりゆく虫害がスタンダード落ちした事により変わりに2枚のトークン召喚カードが採用されました。ドリームウェイの守護者は1/2を2体召喚で序盤からミニオンを展開できる上に終盤は生命奪取で盤面無視戦法を防ぐことが出来ます。森の助けは8マナと高コストカードではありますがそれまで召喚したトークンに除去を使わせればトドメの”二撃”となりトレントを10体を処理するのは至難の業となります。

【呪文を上手く使う者達】

f:id:tempe443:20190413154450p:plainf:id:tempe443:20190413154500p:plain

トークンドルイドはミニオンを並べるだけではありません。生き残っているとより呪文が強力となる厄介なミニオンが存在してます。番人スタラドリスは自然の怒りや野生の力と言った低コスト選択呪文と一緒に使う事で手札補給する事が出来ます。大魔術師ヴァルゴスは全体パワーアップカードだけを使用する事で確実に有利な呪文を再度使用する事が出来ます。ちなみになぎ払いは”敵キャラクター”と指定されているため自滅することはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カドカーメイジ

登場時期:発売2日後頃

f:id:tempe443:20190413155611p:plainf:id:tempe443:20190413155629p:plain

ドラゴンの憤怒がスタンダード落ちした事によりメイジはミニオンで戦う戦法にシフトしました。初期はブリザードやフレイムストライクを採用したコントロール軸が主流でしたが研究が進むにつれて亡霊の書やドラゴンカードを採用したミニオン軸にシフトしてきました。確定全体除去が乱闘しかないウォーリアに対しては処理が追い付かないため有利に戦う事が出来ました。

 

【主役】

f:id:tempe443:20190413160150p:plain

魔術師の招来、天文術師、想像の力と組み合わせる事で1ターンで巨大ミニオンを大量展開する事が出来ます。いかにこのカードをキープするかが勝負のカギとなります

【肉食キューブ2世?】

f:id:tempe443:20190413160611p:plain

肉食キューブ+暗黒の契約コンボが強かった事を考えると双呪文無しでも強力だと思います。体力が減ったミニオンに使用する事により疑似回復する事も出来ます。上記で紹介したカドカーと組み合わせて使う事でミニオンを4体召喚できるのがポイント。ちなみに画像のリストでは採用されてませんがジェペット・ジョイパズで1マナ1/1ミニオンを分裂する事で4マナで巨大ミニオンを2体召喚も可能です。

【もう1匹の主役】

f:id:tempe443:20190413161655p:plain

召喚したターンに0コストで呪文が発動できるためアグロ以外のメイジは必須級のパワーです。カドカーメイジには8マナの創造な力が採用されているためカレクゴスを放置するとトンデモナイ事になります(小並感)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカハンター

登場時期:発売2日後頃

f:id:tempe443:20190413162229p:plain

ダイアモールや放電レイザーモーといった強力な獣ミニオンがスタンダード落ちした事によりメカミニオンにシフトしました。召喚断末魔ミニオンが多いためコントロールデッキには滅法強いです。複数のミニオンを一気に処理できないためアグロデッキに弱いのが課題です。

 

【マストキープ級のパワー】

f:id:tempe443:20190413162643p:plain

1ドロー付きの3マナ3/3は単体でも強力ですが九生ありの効果を発動させたいクモ爆弾やメカ・チビドラゴンを手札に加える事が出来ます。それに加え最強回復カードであるジリアックスも加える事が出来ます。

【3マナ7/7召喚?】

f:id:tempe443:20190413162957p:plain

このカードで発見するのはチビ・メカドラゴンがメインです。そうすると3マナで7/7召喚しつつチビ・メカドラゴンを手札に加える事が出来るためコントロールデッキは処理が追い付かなくなります。変わったところでクモ爆弾を発見しミニオンを破壊したり、どうしても回復した状況でクマトロンを発見してワンチャンスジリアックスを手札に加えるといった事も出来ます。

【新時代の除去】

f:id:tempe443:20190413163356p:plain

側面攻撃がスタンダード落ちした事により必中の一矢が採用されました。手札を減らさずに4点ダメージ出すのは状況を選ばない強さとなっております。体力4と言えばヘンチ・クランのゴロツキと言った厄介なミニオンも処理できます。

【花火師のパートナー】

f:id:tempe443:20190413163517p:plain

発売前評価では不評だったホロボシトロンですが花火師と一緒に使う事で沈黙や変身される事なくチビ・メカドラゴンと7/7メカを一緒に出す強力コンボが出来ます。ちなみにこのコンボをされた次のターン変身や沈黙を発動すべき対象はチビ・メカドラゴンの方がいい可能性もあります。理由はハンター側はホシボシトロンの効果を確実にチビ・メカドラゴンを召喚したいため手札に他のメカミニオンがないためです(2体目のチビ・メカドラゴンを除く)

【ズルジンのパートナー】

f:id:tempe443:20190413164035p:plain

野獣放つべしは急襲でミニオンを処理する他に5/5ミニオンを2回召喚して自分から攻める事が出来ます。呪文なのでズルジンを発動すると5/5ミニオンを召喚しつつ(双呪文がついてない)野獣放つべしを加える事が出来るためズルジンを使う理由ぐらい強いカードとなります。

 

 

 

 

 

 

筆者Twitter:テンペスト (@tempe443) | Twitter

平日毎日夕方に配信してます。よろしければご覧ください。

配信URL:https://www.twitch.tv/tempe443

シャイニー☆