テックキャンプで転職成功の秘訣は「事前準備」にあり

プログラミング

どうも、ミウミです。2月中旬にテックキャンプに入学し、5月中旬に第一志望企業さんに内定を頂いた者です。これからスクールに通う皆様の参考になれば幸いです。なお、当ブログはスクール紹介アフェリエイトではありません(リンク無しです)

テックキャンプ で何学ぶの?

通学中に流れは下記の通りです。カリキュラムを早く終わらせるためにはいかに基礎カリキュラムのHTML&CSS、Ruby、Ruby on Railsの知識をつけるかが勝負です。

STEP1:基礎カリキュラム

・HTML&CSSの基礎

・Ruby

・Ruby on Rails(投稿、ログイン機能ぐらいまで)

・上記3つの確認テスト(合格した人から応用へ)

STEP2:応用カリキュラム

・JavaScript(jQuery)

・Git

・SQL

・チャットアプリ作成(締め切り期限あり)

STEP3:最終課題

Ruby on Railsを使用したフリーマーケットアプリ共同作成(締め切り期限あり)

入学前で勝負が決まる

ずばり結論から言うと入学前に事前学習をいかにするかで転職成功できるか決まります。ガチの未経験から入学すると10週間精神的にキツくなる上にカリキュラムを終わらせる事しか出来ない(=理解できてない)からです。他の理由は下記の通りです。

・転職サポートが外れる可能性がある

・転職活動の時期が遅れる可能性がある

・ポートフォリオのクオリティが下がる

テックキャンプのゴールはエンジニアとして入社する事です。これを逆算すると

希望企業から内定を頂く

転職活動の対策を行う

ポートフォリオのクオリティを上げる

ポートフォリオ作成に必要な新しい技術をインプットする

テックキャンプのカリキュラム(Rails)を早く終わらせる

事前学習をする

こんな感じです。スキルが追いつかずスクールの課題が締め切りに間に合わなければ転職サポートから外れる可能性もあります。履歴書添削や面接練習などは役に立つので絶対受けたいサービスですね。それと転職活動にポートフォリオは必須だと思ってるのでいかに早くポートフォリオ作成にとりかかるかが大事です。ちなみに卒業しただけで何も成果物がなければ転職活動はかなりきつくなる事を覚えておきましょう。

じゃあ何をすればいいの?

テックキャンプ通学中にHTML&CSS、Ruby,Ruby on Railsの基礎知識をインプットしましょう。自分はProgateで2~3周してました。Progate周回は基本的にNGだと言われてますがテックキャンプ通学する人なら個人的にはアリだと思います。なぜならテックキャンプのカリキュラムが早く終われば時間に余裕が出来て様々な技術や転職活動のスキルを学べるからです。

余裕ができるとどうなるの?

通学中カリキュラムが早く終わると下記のようなメリットがあります。

・理解してない所をじっくり取り組むことができる

・Rails以外の新しい技術が学べる

・転職活動の対策がしっかりできる

時間に余裕があれば理解してない所を質問することができます。スクールに通う理由はエンジニアのスキルを身につける事です。課題を終わらせる事ではないです。当たり前ですが締め切り期限ギリギリだと理解する事まで頭が回りません。自分の周りでも答えだけを聞く人結構いました。
時間があるのでRails以外の技術(PHPやSwiftなど)を学ぶことができます。自分から新しい技術を学べる姿を企業にアピール出来れば自走能力が高いと言う意味で他の受講生よりアドバンテージが生まれます。
転職活動は企業研究や面接対策はポートフォリオ作成並に大切です。自己PR、エンジニアを目指したきっかけ、企業選びの軸など定番の質問は何も見ずにスラスラ言えるようにしないと面接落ちます。

大事なのはカリキュラム外で何をするか

面接を実際に受けて思ったのがテックキャンプで作成したカリキュラムはエンジニア面接界ではかなり有名である事。チャットアプリ、フリマ、インスタと言うワードを出せば「あ〜よく見るね!」と言われます。そのため上記のようなよアプリを適当にRailsで作成した場合、よく見る作品と思われる上に自分から新しい事を学ぶ姿勢がないと言うレッテルを貼られる可能性があるので注意しましょう。

じゃあスクール通う意味なくない?

スクールでRailsの知識をつけたのにポートフォリオは別の事を学ぶなら独学でいいじゃん・・・と思った方もいるでしょう。独学でポートフォリオ作れるならその通りです。逆にProgateの次に何をすればいいかわからない、つまり内定までのロードマップがわからない人はスクールなりMENTAを利用すべきです。どのサービスを利用しても自分の努力は必須となる事は忘れないでください。